【推薦入試検討者必見!】志望理由書を書く前に知っておくべきこと

こんにちは!

武田塾洲本校(淡路島)講師の三村です。

 

この季節になると、

推薦入試を検討している中高生らの志望理由書を目にすることが多くなります。

 

志望理由書を書く上で大切なことはどんなことだと思いますか。

 

綺麗な文章を書くことでしょうか。

いいえ、違います。

 

では、どんなことから始めれば良いのでしょうか。

 

今日はこのことについて書いてみたいと思います。

 

<目次>

■ 志望理由書を書く前に知っておくべきこと

1.将来なりたい像をイメージし、説明できるようにする。

2.将来なりたい像に近づくために必要な知識、スキルが何かを明確にする。

3.2のことを学べる大学を見つける。

 

1.あなたの将来なりたい像をイメージし、説明できるようにする。

いきなり難しいことを言ってしまいました。

 

しかし、

これが一番大切なのです。

 

皆さん一人一人に

 

過去ー現在ー未来

 

と繋がるストーリーがあるはずです。

 

そのストーリーを文章に表現することは、

自己分析をすることと同じくらいの価値があります。

つまり、自分を知るということがとても大切です。

 

さて、自分を知る上で大切なWordがあります。

 

それが、

 

『なぜ』

 

です。

 

恐縮ながら、

私の経験を例にお伝えしたいと思います。

 

大学生の頃の私の夢は、

『日本社会に貢献する教育者(中高の教員)になる』

でした。

 

当時、下記のような質問を自分に問いかけていました。

 

Q.なぜ教育者になりたいと思ったのか。

A.学生時代に仲間と過ごした日々を通して、人のために努力する素晴らしさを知ったから。

 

Q.なぜ中高の先生になりたいのか。

A.子供に影響を与えたいと思ったから。

 

Q.なぜ子供に影響を与えたいと思ったのか。

A.若い世代が未来の日本を支えると思ったから。

 

Q.なぜ日本社会に貢献したいと思ったのか。

A.日本人としての役割を果たしたいから。

 

このように自分の価値観含め、深掘りしていくことによって、

どんどん自身の将来のビジョンが明確になっていきます。

 

でもこれはあくまでも私の例で、私にしかないストーリーです。

 

きっと皆さんにもあなたしかないストーリーがあるはずです。

もしなければ、今から作っていけばいいのです。

(ちなみに私のストーリーは大学生からです汗)

 

志望理由書の中にあなただからこそのストーリーがなければ、

どれだけ綺麗な文章を書いても、どれだけ理想的な言葉を並べても相手の心を動かすことはできないと思います。

 

同じようなことを繰り返しますが、大切なことは、

 

あなた自身が将来どうなりたいのか、

なぜ、そのようになりたいと思ったのか、何か具体的な出来事があったのか。

 

を説明できることです。

 

これが説明できるようになれば、

あとは書き方などのスキルの話にスッと入ることができます。

 

さらに、これができるようになると、

面接時にもスムーズに話せるようになります。

 

まさに一石二鳥です。

 

 

2.将来なりたい像に近づくために必要な知識、スキルが何かを明確にする。

ここまでくれば、

2と3はスムーズに進むはずです。

 

自分の将来のビジョンがあれば、

自然に必要な知識・スキルが見えてきます。

 

そして出会いがあります。

 

その出会いは学校や塾などのリアルな場所かもしれませんし、

インターネット上または本の中かもしれません。

 

その出会いを掴み続け、自身に何が足りないのかを明確にしていきましょう。

 

3.2のことを学べる大学を見つける。

そして最後は、それらのことを学べる進学先を見つけます。

 

あなたがどうなりたいか、何を学びたいか明確であれば、進学先は自然と限定されていきます。

 

ここまでくれば、

あなたと大学は両想いの関係になるはずです。

 

まとめ

いかがでしたか。

今日は、志望理由書を書く前に大切なことについて書きました。

 

とはいえ、

いきなり書くのは難しいと思います。

 

しかし、

このことを今から意識することで将来必ず活かせる時が来ると思います。

 

ぜひ意識しながら日々過ごしてもらえたら嬉しいです。

 

最後に、

決して志望理由がなければならないわけではありません。

 

どうしても明確な夢や目標が見つからない!っていう人もいると思います。

というか私も高校生の時そうでした。

 

そのような状況であるならば、

目の前のやるべきことに全力を注ぐことをお勧めします。

 

目の前のやるべきこと、すなわち学校の勉強であり、受験勉強です。

部活動をやっている人は部活動でもかまいません。

 

とにかく目の前のことに最大限集中して取り組むこと。

この積み重ねが自信となり、どこかのタイミングで将来の夢や目標が見つかることがあります。

 

ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです!

そして、学習面は皆さんの力になれればと思っています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

淡路島洲本市の塾・予備校なら
武田塾洲本校

〒656-0026
兵庫県洲本市栄町2丁目3-30
栄町サンプラザ 2F

TEL 0799-25-3070
E-mail sumoto@takeda.tv

営業時間/自習室利用可能時間
月~土 13:00~22:00

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

※1コース受講のみで自習室利用OK
※1コース受講のみで以下の5教科全科目小論文映像講義は全て無料

英語 数学 (ⅠA・ⅡB・Ⅲ) 国語(現代文・古文・漢文)
理科 (化学・物理・生物・地学・化基・物基・生基・地基)
社会 (日本史・世界史・地理・政経・倫理・現社) 小論文

武田塾洲本校は、淡路島で大学受験に挑む高校生高卒生を徹底的にサポートします!

洲本市内にある洲本高校、蒼開高校、洲本実業高校
南あわじ市内にある淡路三原高校 、 淡路市内にある津名高校、淡路高校、AIE国際高校
上記の高校生・高卒生が主な対象ですが、淡路島在住であればすべての中高生が対象です。