これを知らないと努力が無駄になる?データに基づいた記憶方法とは

皆さんこんにちは!
武田塾洲本校(淡路島)講師の三村です。

 

今日は「記憶」についてです!

 

皆さん、こんな経験ないですか。

・せっかく暗記したのに、次の日にはほとんどのことを忘れている。
・完璧!と思っていた問題が、数日後なぜかできなくなっている。
・定期試験では高得点が採れるのに、模試になると採れない

ちなみに私は全部あります(笑)

 

しかし当時の私は、その原因と対策を考えずガムシャラに勉強をし続けていました。
結果、勉強時間と記憶の定着率が比例しない日々が続きました。

 

そんなある日、当時通っていた塾の教室長に言われました。

「間違えた問題を何度もやっていますか」

と。

 

目から鱗でした。
なぜなら、それまで私は間違えた問題を理解する(分かる)ところまではやっていましたが、

 

”復習する”ことをやっていなかったのです。

 

その後、間違えた問題を復習するようになってから、それまで傾きの小さな一次関数的な伸び方だった私が、変数ありの二次関数のような伸び方をしていきました。(無駄に数学用語を使ってすみません笑)

 

当時の衝撃は今でも忘れません。

 

この瞬間、私は数学が大好きになり、大学は数学科に進路変更、そして教師という夢を持ちました。

さらに教員採用試験もこの方法で取り組むことで、合格を勝ち取ることができました。

 

些細なきっかけが将来の夢にまで繋がる。

知識を持つ大切を身に染みて感じた出来事でした。

 

ただ、もっと早く気付いていれば・・・

 

私がこの記憶のメカニズムに気づいたのは高3の秋でした。

 

皆さんには私と同じ想いをしてほしくない。

そんな思いで、今ブログを書いています。
前置きが長くなりましたが、是非最後まで読んでくれたら嬉しいです!

 

そもそも人間は忘れる生き物

まず始めに、記憶に関することかなり有名な「エビングハウスの忘却曲線」について書きます。

 

エビングハウスの忘却曲線

 

このグラフは記憶に関する実験データですが、これによると、

 

・20分後には42% 忘却
・1日後には74% 忘却

 

という衝撃的な結果となることが分かっています。もちろん勉強の内容にもよるので、この結果が絶対ではありませんが、

 

大前提として、
脳が重要でないと判断したことについては、人間は急速な勢いで忘れいていくということは覚えておかなければなりません。

 

とにかく、

あなたの記憶力が悪いわけではありません!

 

人間なら当たり前のことなんです。自分を責めるのはやめましょうね。

 

大事なのは対策です。

脳が重要でないと判断すると忘れるのであれば、

 

脳に重要であると認識させればいいだけなのです!

 

復習する絶妙なタイミング

では、脳が重要である認識させるためにどのタイミングで復習すればいいのでしょうか。

それを示したのが以下のグラフです。

 

復習するごとに定着する! 塾・予備校なら武田塾洲本校

 

つまり、適切なタイミング(忘れかけている時)で復習を取り入れれば、記憶は定着するということです。

 

皆さん掛け算はできますよね?なぜでしょうか。

日常で定期的に使用するからです。

記憶のメカニズムを知ることで受験勉強の効率ははるかに向上します。

 

ちなみに武田塾は、エビングハウス忘却曲線の理論に基づいて、
4日進んで2日戻るペースというものを推奨しています。

 

例えば、1週間で400単語覚えたい!と思ったとしましょう。

 

その場合、

・月曜日に1〜100
・火曜日に101〜200
・水曜日に201〜300
・木曜日に301〜400

という流れで覚えていきます。

 

ただし、

ただ覚えればいいわけではありません!

 

英単語であれば、以下のよう基準で考えてみてください。

・すぐ(1秒以内など)に回答できるか。
・寝る前にテストしたら全問正解できるか。

 

そして、

・金曜日に1〜400の復習
・土曜日に1〜400の復習
・日曜日にランダムで出題された問題に答えられるかをテストし、全問正解できるか確認。

 

このようにして、1週間を過ごせば、
まず間違いないく記憶が定着していきます。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

記憶のメカニズムを知り、それに基づいて学習することで記憶力は飛躍的に向上します。
これは私個人的な意見ではなく、多くの人が述べているやり方です。

 

 

最後に、ここでは受験勉強のための情報としてお伝えしていますが、
これは就職試験や資格試験などで活用できるなど、社会に出ても活用できる素晴らしい知識です。

受験勉強を通して、生涯にわたって活用できる知恵を身につけてくれることを願ってやみません。

 

さぁ夏休みも折り返しです。

頑張れ受験生!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

淡路島洲本市の塾・予備校なら
武田塾洲本校

〒656-0026
兵庫県洲本市栄町2丁目3-30
栄町サンプラザ 2F

TEL 0799-25-3070
E-mail sumoto@takeda.tv

営業時間/自習室利用可能時間
月~土 13:00~22:00

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

※1コース受講のみで自習室利用OK
※1コース受講のみで以下の5教科全科目小論文映像講義は全て無料

英語 数学 (ⅠA・ⅡB・Ⅲ) 国語(現代文・古文・漢文)
理科 (化学・物理・生物・地学・化基・物基・生基・地基)
社会 (日本史・世界史・地理・政経・倫理・現社) 小論文

武田塾洲本校は、淡路島で大学受験に挑む高校生高卒生を徹底的にサポートします!

洲本市内にある洲本高校、蒼開高校、洲本実業高校
南あわじ市内にある淡路三原高校 、 淡路市内にある津名高校、淡路高校、AIE国際高校
上記の高校生・高卒生が主な対象ですが、淡路島在住であればすべての中高生が対象です。